伝染性軟属腫(水イボ)の治療について

・当院では、広がりの傾向がある場合には、大きいものからピンセットで摘除しています。
(月〜金の14〜15時。事前に麻酔テープで麻酔をしますので、処置はご予約が必要です)

・水イボの治療としては、他に、硝酸銀ペーストなど化学薬品での処置、漢方薬の内服などがあります(当院では行っておりません)。
 多少の痛みは伴いますが、現在では摘除が一番確実な治療です。

・摘除には痛みが伴いますので麻酔テープ(実費、1枚100円)の使用をお勧めしています。摘除1時間前に貼る必要がありますので、ご予約の上、時間に余裕をもってお越しください。